手作り猫フードの落とし穴?猫にあげてはいけない食べ物

手作り猫フードで猫にあげてはいけない食べ物とは

愛猫のための猫フードを、飼い主が愛情を込めて、手作りをする家庭もあるでしょう。しかしかわいい猫には、あげてはいけない食べ物もあります。人間にとっては健康的で通る食材であっても、可愛い猫ちゃんにとっては、食べたら良くないものもあるのです。その一つが玉ねぎであり、人間の場合は血液がサラサラになることで知られています。スライスしてサラダにしても美味しいですし、煮物や炒め物、スープにもぴったりです。しかし、猫フードの中には、間違えても玉ねぎは、一緒に入れてはなりません。コネは玉ねぎをはじめとする、ネギ類の野菜は全般に言えることです。なぜかといいますと、猫が口にしますと、貧血が起きてしまうためです。玉ねぎをはじめ、長ネギやわけぎ、それににんにくなども、猫のご飯を作る際には、入れないようにしましょう。

魚介類でも注意な食べ物はあり

相手は猫ですから、魚介類は喜んで食べるはずですし、なんでも上げていいと思ったら大間違いです。特に猫の食事を作る際に使ってはいけないのが、生のタコとイカです。これらにはチアミナーゼの物質が含まれており、生の状態で猫が食べますと、急性ビタミンB1欠乏症を発症するためです。イカやタコだけではなく、生のお魚には良く含まれているので、生のままの魚介類は上げないほうが無難です。魚は塩や味付け処理をしないで、加熱してあれば良いのですが、生は良くはありません。イカに関しましては、消化が良くはない食材です。猫はイカに目がないので、与えるとばくばくと食べてしまいます。しかし一度に与えると吐いてしまうので、大量を与えないことです。猫フードには、生の豚肉を入れるのもやめましょう。生の豚肉を食べると、トキソプラズマ症にかかるためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *