手作り猫フードと市販フード、コスパが良いのは?

cat-111793_640

大量製造によるコスト削減効果の高さ

ペットの餌代を節約するために、猫フードを自分で作り上げようとする人も中にはいますが、それが本当にお得なのか費用を一度計算してみましょう。
栄養バランスの良い猫フードを手作りしようとすると、いくつもの食材を購入する必要が出てきて、コスパの良さを感じにくくなってしまいます。
一方で市販されている猫フードの場合には、工場を使って大量生産を行っているために、コスパの良さを常に高める事が可能です。

とうもろこしや鶏肉などを大量に入荷する事で、一つずつの値段を抑える事に成功している、市販の猫フードを頼る事を推奨します。
猫の身体の健康を考えると、結果的には市販品を購入した方が、安く済ませられたという人も珍しくありません。
特に成長期の猫はミネラルバランスが重要になりますから、手作りの餌では身体の成長が不十分になる可能性もあります。

毛玉ケアやpHコントロールの重要性

自身で猫フードを手作りしようとすると、特に問題になりやすいのが毛玉ケア効果を与えられるかという点です。
食物繊維などをバランスよく含むだけでなく、体内の水分量をコントロールするためのミネラルも多く含む餌を、自分で作り上げるのは難しいと言えます。
猫が毛玉を上手く吐き出せない状態になると、猫の寿命が一気に縮んでしまう可能性もあるからこそ、キャットフードを頼って猫の身体の健康を守る事がおすすめです。

pHコントロールを意識した餌を作り上げる事も難しく、知らないうちにミネラルを与えすぎたせいで、猫が尿路結石を患う可能性もあります。
年老いた猫はマグネシウムの摂取量を減らして、尿路の健康を保つ必要があるからこそ、キャットフードを頼る事が寿命を延ばす事にも繋がります。
毛玉ケアやpHコントロールまで意識して餌を自作すると、相当な出費になってしまう点には注意をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *