pHコントロール対応で食いつきの良い猫の餌

一種類の餌で済ませられるところが魅力

我が家の猫にキャットフードを与えていても、すぐに飽きてしまう事が多かったので、何種類もの猫の餌を購入しては猫に与えていました。
それがいけなかったのか、気付けば猫が尿路結石を患ってしまい、pHコントロールを意識した猫の餌を購入する事になりました。
その時に見かけたのがドクターズダイエットという製品で、pHコントロール対応なだけでなく、エトキシキンが含まれていないところが安心できます。

しかも香りの良さにもこだわっているとの事で、試しに猫に与えてみたところ、今までの高カロリーの餌よりも食いつきが良くて大満足です。
我が家で飼育している猫は、魚の香りがするキャットフードでなければ食べてくれないので、このキャットフードにはフィッシュミールが入っていたという点が合っていたのだろうと感じています。

遺伝子組み換え原料を使わない安心感

私自身は遺伝子組み換えの大豆などを食べる事に抵抗は無いのですが、すでに身体が弱っているペットに与える事には不安がありました。
その点でもドクターズダイエットのように、遺伝子組み換え原料は不使用だと明言している製品は、気軽に購入しやすくて助かります。
低脂質の猫の餌と言いながら、すぐに脂肪分が表面に浮き出てしまうキャットフードもある中で、この製品は手触りの良い状態を保ってくれるのが嬉しいです。

香りが劣化しにくいおかげか、開封してから時間が経った餌であっても、猫の食いつきが良いところも自分が気に入っている点です。
塩分も抑えられていますし、マグネシウムの量もコントロールされているので、これ以上は尿路結石が悪化する事はないだろうと考えています。
尿を出す時に苦しそうにしていた我が家の猫も、今では何も鳴き声を出さずに尿を出せるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *